オリゴ糖の甘さは砂糖の代用にできる?

オリゴ糖の甘さは砂糖の約半分ほどです。よって砂糖の代わりに使うと甘みが足りないと感じるかもしれません。
だからといってたくさん使うと、カロリーが砂糖より高くなってしまいます。ほどほどに使うことが大切です。
オリゴ糖の甘さは砂糖の半分ですが、実はカロリーも砂糖の半分です。多少であれば多めに入れてもかまいませんが、節度は大切です。
砂糖よりなぜ健康にいいとされているかというと、オリゴ糖は砂糖と違って腸内細菌に分解されず、栄養になりにくいです。
そうすると善玉菌の餌となってくれます。餌をたくさん食べた善玉菌はどんどん増え、悪玉菌が減ることにより腸内が正常化してくれます。
砂糖だとこうはいきません。胃と腸で分解されて身体に吸収されます。
だから砂糖の甘さを利用するより、オリゴ糖の甘さを利用したほうがいいと言われています。
しかも、オリゴ糖は虫歯になりにくいという特徴もあります。
虫歯菌がこの糖にはあまり反応しないからです。
このような特性から子どものおやつに使用したり、コーヒーや紅茶に混ぜたりと、健康志向の人が砂糖の代わりに使っています。
適度に使用するとダイエットにもつながるので、代用として使うこと自体はいいことです。

 

 

オリゴ糖は毎日摂ればいいの?

オリゴ糖は毎日一定の時間に、一定の量を、同様の方法で摂った方が良いように感じてしまいますが、摂取し続けているのにあまり効果が無いという場合は、毎日一定の時間に同様の方法で摂っていることが原因になっている可能性があります。
オリゴ糖は毎日似たような方法で摂取していると、腸の中の悪玉菌に充分なダメージを与えられなくなってしまうことがあります。
摂取する時間など、毎日変化をつけてみると、もう一度腸内環境が整う効果が得られるようになる可能性があるため、効果が薄れたように感じた場合は、いつもとは違う時間に摂取してみると改善される可能性があります。
そして最後は、便秘の原因が腸内細菌だけの問題ではない、ということです。
また、便秘になる要因には腸の中の悪玉菌だけでなく、腸の筋肉が衰えていたり、腹筋が衰えたり、過度のストレスだったり、食物繊維が足りなかったりすることが挙げられます。
いくらオリゴ糖を摂って善玉菌を増やしたとしても、腸内環境以外の要因で便秘の症状があるときには、他の要因を解消しなければ便秘の症状が改善することはありません。
オリゴ糖を摂取するだけで便秘の症状が解消しないときには、腹筋などのトレーニングで鍛えるのも良い方法です。

 

 

食材に含まれているオリゴ糖の量は?

オリゴ糖は、様々な食材にある程度の量で含まれています。
特に果物や野菜にたくさん含まれていて、魚介類や肉類には、あまり含まれていません。
例えば、バナナ100グラムには0.2グラムのオリゴ糖が含まれており、ねぎには100グラムあたり0.3グラム含まれています。
特に量が多いのはごぼうで、100グラムあたり3.6グラム含まれていて、エシャロットや玉ねぎにも、100グラムあたり2.8グラム含まれています。
他にも納豆やはちみつ、にんにくにも多く含まれています。
調理の方法によって、オリゴ糖の量を増やすことも可能となっています。
お米100グラムにも0.05グラムのオリゴ糖が含まれていますが、40度から50度ぐらいのお湯に浸しておき、一時間ぐらい温めることによって含まれる量を二倍にすることができます。
このことは、ごぼうにも同様の効果があり、40度から50度ぐらいのお湯におよそ5分間ぐらい浸しておくと、量が二倍になるとされています。
そして、バナナや玉ねぎは焼いて調理することによって、含まれるオリゴ糖を多くすることができるようになります。
とはいえ、食材だけから充分に摂取しようとすると、カロリーの摂りすぎになってしまうので注意する必要があります。

 

 

オリゴ糖は犬に与えてもいい?

腸の働きを整えることは、人間にとっても犬にとっても大事なことなため、オリゴ糖を与えても問題ありません。
腸の働きが良くないと身体に良い食材をいくら食べたとしても、身体の中にちゃんと吸収してくれません。
また、排泄も上手くいかず、結果的に病気などにかかってしまいます。
腸の働きを整えることは、すなわち免疫力が上げることができ、精神状態を安定させることにも繋がります。
また、腸の働きを整えることは、皮膚病や犬もかかってしまう花粉症の対策にもなります。
犬の腸の具合は、毎日排出される便を観察することによって、簡単に確認することができます。
乳酸菌が豊富に含まれているヨーグルトと、腸の中の善玉菌のエサとなるオリゴ糖、栄養バランスがとれているバナナは、犬の腸の働きを改善させてくれます。
中でもオリゴ糖は、ヨーグルトやバナナより即効性があり、効果をすぐに実感しやすい食材になります。
しかしオリゴ糖だけでなく、バナナとヨーグルトを付け加えれば、腸内フローラの善玉菌バランスがより完璧に整えられることになります。
もちろん、腸に良い食材を摂取するだけでなく、適度な負荷の運動をしたり、質が良い睡眠を確保することも大切になります。

 

 

赤ちゃんに与える時の量はどのくらい?

赤ちゃんが便秘になってしまった場合、綿棒で浣腸する方法やオリゴ糖を飲ませる方法がありますが、この場合、どれくらいの量を飲ませればよいのでしょうか。
赤ちゃんの便秘は見ている方もとても辛いものであり、真っ赤な顔をしながらいきんでいたり、おならばかりが出てしまったりと、本人にとっては本当に辛いものでしょう。
赤ちゃんの便秘の原因には、水分不足によるものや腸の成長の過程で一時的に起こるもの、消化器官が未熟なために引き起こされるものなどがあげられます。
便秘を改善させる方法のひとつにオリゴ糖があげられますが、どのようなメリットがあり、どれくらいの量を与えればよいのでしょうか。
オリゴ糖は母乳に含まれる成分と同じように、腸の中の善玉菌を増やす働きがあります。
これにより腸の調子を整え、便秘にも効果があるというわけです。
そのメリットとしては、便秘が解消されるだけでなく、天然のものなので体に害がなく副作用もないということ、虫歯になりにくいということがあげられます。
赤ちゃんに与えるオリゴ糖の量としては、約小さじ1杯程度が目安となります。
ミルクに混ぜたり白湯に混ぜて与えるとよいでしょう。与えすぎると反対に下痢をしてしまうので気を付けましょう。

 

 

参考ウェブサイトはこちら!

こうしてオリゴ糖について色々と見ていると、やはり腸に関する部分で効果が期待できることがわかります。
もしあなたがお通じの改善を狙っているのであれば、オリゴ糖が役に立つかもしれませんね。
でも、もしオリゴ糖でもいまいち実感をすることができない状況なら、こちらのお通じのサイトが参考になるかと思います。

 

参考ウェブサイト
酵素ダイエットに効果がある食べ物